写真

男子シングルス3回戦でプレーする張本智和=ブダペスト(共同)

【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第4日は24日、ブダペストで行われ、混合ダブルス3回戦で前回優勝の吉村真晴(名古屋ダイハツ)石川佳純(全農)組がハンガリーのペアに4―2で競り勝ち、森薗政崇(岡山)伊藤美誠(スターツ)組は韓国ペアに4―0で快勝してともに8強入りを決めた。 シングルスは3回戦が行われ、日本勢5人全員が勝ち残っている女子は石川、伊藤、平野美宇(日本生命)ら、男子は張本智和、水谷隼(ともに木下グループ)丹羽孝希(スヴェンソン)と森薗が出場する。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング