写真

沖縄県本部町の本部港=24日(小型無人機から)

政府は25日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設工事で、同県本部町の本部港から埋め立て用土砂を搬出するための作業を始めた。これまで名護市の民間桟橋からのみ搬出していたが、本部港も加えることで移設に強硬な態度で臨む姿勢を示す狙いがあるとみられる。 港では、土砂を積んだダンプカーの前に反対派の市民らが立ちはだかり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング