ゴーン前会長、初公判は来年か 全事件否認、整理手続き長期化

共同通信 / 2019年4月26日 18時1分

会社法違反(特別背任)など四つの罪で起訴された前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)は25日に再保釈され、公判に向けた手続きが本格化する。全事件を否認しており、争点を絞り込む公判前整理手続きは長期化する見通し。当初今秋と想定されていた初公判は、来年にずれ込むとの観測が出ている。 ゴーン被告は26日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング