写真

岐阜城

岐阜市は26日、同市の金華山(329メートル)山頂にある岐阜城を耐震診断した結果、震度6強~7の大規模地震発生時に展望スペースのある4階が崩壊する危険性が高いと判明したと発表した。他に1、3階も崩壊する危険性があるとされた。最短で2022年度の耐震補強工事の着手を目指すとしている。 市によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング