JR北海道が26日発表した2019年3月期連結決算は、昨年9月の北海道地震による運賃収入減少が響き、本業のもうけを示す営業損益は418億円の赤字(前期は416億円の赤字)だった。連結決算の公表を始めた00年3月期以降、営業赤字が続き、5期連続で赤字の最大額を更新した。 来年5月の札沼線の一部廃止に伴い、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング