写真

記者会見する、みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長(右から2人目)=15日午後、東京都内

みずほフィナンシャルグループ(FG)が15日発表した2019年3月期連結決算は、純利益が前期比83.2%減の965億円と大幅減益となった。次期勘定系システムや閉鎖予定店舗の減損処理などに伴い6954億円の損失を計上したことが響いた。純利益が1千億円を下回るのはリーマン・ショックで大幅赤字に転落した09年3月期以降で初めて。 記者会見した坂井辰史社長は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング