写真

「マイクロチップ」を埋め込まれる犬

犬や猫に飼い主情報を記録した「マイクロチップ」埋め込みを義務化する動物愛護法改正案を超党派の議員連盟(会長・尾辻秀久参院議員)がまとめ、今国会での成立を目指している。チップ装着義務のほか、動物虐待の厳罰化、子犬や子猫の販売規制などが柱だ。 マイクロチップはペットの身分証明として海外で普及している。環境省は「災害時に迷ったペットの身元確認に役立つ」として推奨しているが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング