逆走「罰金払いたくなかった」 北海道の国道、容疑者供述

共同通信 / 2019年5月19日 19時29分

北海道七飯町の国道で軽乗用車が逆走した事件で、道交法違反の疑いで逮捕された鹿部町、漁師小嶋幸彦容疑者(53)が「罰金を払いたくなかった。速度違反の取り締まりから逃げようとした」と供述していることが19日、北海道警への取材でわかった。 道警によると、小嶋容疑者はスピード違反を取り締まろうとした覆面パトカーの追跡を受け、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング