写真

貴景勝

大相撲夏場所を右膝負傷で途中休場し、8日目の19日に再出場したばかりの東大関貴景勝(22)=千賀ノ浦部屋=が9日目の20日、日本相撲協会に「右膝内側側副靱帯損傷、右膝骨挫傷にて、約3週間の治療期間を要する見込み」との診断書を提出し、再び休場した。 大関による1場所2度の休場は1956年秋場所の若ノ花(後の横綱初代若乃花)以来2人目(不戦勝制度確立の28年3月場所以降)と極めて異例の事態。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング