写真

GDP速報値の発表を受け、記者会見する茂木経済再生相=20日午前、内閣府

内閣府が20日発表した2019年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0.5%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は2.1%増となり、2四半期連続のプラス成長だった。ただ対米貿易摩擦を抱える中国経済の鈍化で輸出が振るわなかったほか、内需の柱である設備投資と個人消費も停滞した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング