写真

インタビューに答えるセブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長

セブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長は21日、共同通信のインタビューに応じ、24時間営業の見直しに向けた時短実験について、フランチャイズ加盟店約150店から参加希望が出ていると明らかにした。オーナーの時短への関心は高く、4月下旬時点の約100店から広がっている。 3月から直営店10店で開始した営業時間短縮の実験が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング