【モスクワ共同】ロシアの有力紙コメルサントが、国家序列3位のマトビエンコ上院議長が近く退任するとの記事を1面トップで報じ、執筆した記者らをプーチン政権に忠実な同紙のオーナーが解雇、これに抗議して政治部の記者全員が21日までに辞表を提出する事態になった。 同紙関係者によると、マトビエンコ氏が記事に不満を表明していた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング