写真

日本マクドナルドの「東京ローストビーフバーガー」のメニュー(消費者庁提供)

消費者庁は24日、日本マクドナルド(東京)が2017年に販売した「東京ローストビーフバーガー」と「東京ローストビーフマフィン」に、成型肉を使用したのに、表示しなかったのは景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、同社に課徴金2171万円の納付を命じた。 消費者庁表示対策課によると、2商品は17年8~9月に販売。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング