【ソウル共同】韓国の康京和外相は25日までに、河野太郎外相がフランス・パリでの日韓外相会談の際、韓国人元徴用工問題で文在寅大統領に解決策を提示する責任があると指摘したことについて「閣僚級会談で相手側の首脳(の責任論)を取り上げるのは、外交的に礼を欠いている」と批判した。パリで24日(現地時間)、韓国記者団に述べたと聯合ニュースが報じた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング