写真

男子109キロ超級 優勝した村上英士朗のジャーク=江刺中央体育館

重量挙げの全日本選手権最終日は26日、岩手県奥州市の江刺中央体育館で行われ、男子109キロ超級は村上英士朗(銀盤酒造)がスナッチ188キロ、ジャーク226キロのトータル414キロで、いずれも日本新記録を樹立して優勝した。 男子109キロ級は持田龍之輔(ALSOK)がトータル387キロで制覇。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング