血液のがんの一種「多発性骨髄腫」の悪化や抗がん剤への耐性化に、特定の酵素の増加が関与しているとみられると、京都大の高折晃史教授(血液学)らのチームが27日までに英科学誌電子版に発表した。増加を抑制できれば、抗がん剤の効果を維持するなどの治療法開発につながる可能性があるとしている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング