さいたま赤十字病院(さいたま市)で昨年10月、患者7人の手術で誤って滅菌していない器具を使い、うち1人が感染症にかかって再手術を受けていたことが27日、病院や市保健所などへの取材で分かった。病院は患者に謝罪した。 保健所などによると、昨年10月26日、40~80代の男女7人の手術に滅菌していない器具が使われた。切開部を広げるための開創器など16点を前日夜から滅菌器に入れてあったが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング