写真

共同記者発表する安倍首相(左)とイランのロウハニ大統領=12日、テヘラン(共同)

【テヘラン共同】安倍晋三首相は12日午後(日本時間同日夜)、イランのロウハニ大統領と首都テヘランで会談した。核開発を巡る米国との対立が深刻化する中、対話に応じるよう働き掛ける。衝突回避に向けて緊張緩和を図るのが狙い。ロウハニ師が返答で歩み寄りを見せるかが焦点だ。現職首相のイラン訪問は1978年の福田赳夫氏以来41年ぶり。両首脳は終了後、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング