【テヘラン共同】イラン外務省は15日、イラン駐在の英国大使を呼び出し、イラン沖のホルムズ海峡付近で13日に起きたタンカー攻撃をイランの犯行と事実上断定した英政府の判断について「根拠がなく、真実からほど遠い」と抗議し、説明を要求した。イラン外務省が発表した。 イラン学生通信によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング