写真

競売に掛けられる、ゴッホが自殺に使ったとみられている拳銃(ドゥルオ提供・共同)

【ブリュッセル共同】オランダ出身の19世紀の画家ビンセント・バン・ゴッホ(1853~90年)が自殺に使ったとみられている拳銃をパリの競売会社ドゥルオが近く競売に掛ける。欧州メディアが17日報じた。同社は4万~6万ユーロ(約490万~730万円)の値が付くと予想している。 同社などによると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング