野党内で18日、立憲民主党が衆院への内閣不信任決議案を提出せず、参院で首相問責決議案を提出する方向で調整に入ったことに異論が噴出した。国民民主党の舟山康江参院国対委員長は記者会見で「出すなら衆院で堂々と(内閣不信任案を)提出するべきだ」と主張した。一方、立民の福山哲郎幹事長は「政治は流動的だ」と述べ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング