【ワシントン共同】世界銀行は18日、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に関する報告書を公表した。構想に関係する国のうち12カ国では、中期的に対外債務の返済負担増大に苦しむとの見通しを示したほか、「一帯一路は透明性に欠ける」と指摘した。 一方、構想が完全に実行された場合、アジアから欧州、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング