名古屋市のホテルで昨年7月、覚醒剤が含まれた水溶液を知人の20代男に注射してもらったとして、覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた同市の飲食店従業員の50代女性に、名古屋地裁は12日、「男の暴力に恐怖心を抱き、拒絶できなかった可能性を否定できない」として、無罪判決を言い渡した。求刑は懲役1年6月。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング