写真

5回、米国に追加点を許し、厳しい表情の森下暢=岩国

日米大学野球選手権は19日、山口県岩国市の愛宕スポーツコンプレックス野球場で第3戦が行われ、日本は0―2で米国に連敗し、通算1勝2敗となった。 日本は米国投手陣の前に打線がわずか1安打。第1戦で勝利を挙げたエース森下暢(明大)が四回にランニング本塁打を許すなど5回2失点だった。米国は大会3連覇にあと1勝と迫った。 第4戦は20日に福島県郡山市のヨーク開成山スタジアムで行われる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング