写真

比例代表で1議席獲得が決まり、会場の支持者らと喜ぶ政治団体「れいわ新選組」の山本太郎代表(右端)=21日午後8時6分、東京都内のホテル

政治団体「れいわ新選組」は比例代表で1議席獲得が確実となり、2議席目をうかがう。政党要件を持たない諸派が比例議席を得るのは、2001年の非拘束名簿式導入から初めて。既成政党に不満を持つ層から一定の支持を得た形だ。 当選者は「特定枠」の1位で擁立した筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の船後靖彦氏。もう1議席積み増せば特定枠2位の重度障害者木村英子氏が当選する。比例代表に転出した山本太郎代表は少なくとも3議席を獲得しなければ落選する。 山本氏は選挙戦で「生活の引き上げ」に焦点を当てた訴えを展開。知名度を生かし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング