京アニ放火、細い路地通り襲撃か 下見重ねルート選定の疑い

共同通信 / 2019年7月23日 17時57分

京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで34人が死亡した放火殺人事件で、青葉真司容疑者(41)が火災当日の18日、スタジオの従業員や住民から見られにくい細い路地を通って襲撃したとみられることが23日、捜査関係者への取材で分かった。 路地の途中では、スタジオから死角となる場所でガソリン携行缶が見つかっており、この地点でバケツに移し替えた可能性がある。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング