日本バレーボール協会から最高ランクの強化指定を受けているビーチバレーの上場雄也選手(35)=松戸レガロ=が公式戦でチームメートに暴力を振るうなどした問題で、日本協会が日本オリンピック委員会(JOC)に宛てた当初の報告書に暴力行為の記載がなかったことが23日、関係者への取材で分かった。 報告書では暴力行為の翌日にあった手抜きプレーだけを問題視し、JOC強化指定を外したい旨を記載していた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング