写真

キヤノン本社=東京都大田区

キヤノンは24日、2019年12月期の連結業績見通しを下方修正し、純利益を従来予想の2千億円から1600億円に引き下げた。前期比では36.7%の減益となる。中国の景気減速や米中摩擦の長期化などで世界経済の先行き不透明感が強まっているため。4月にも予想を下方修正しており、今回で2回目となる。 売上高予想は従来の3兆8500億円から3兆7450億円に引き下げた。田中稔三副社長は記者会見で「中国の消費減速は当社のカメラ事業に大変、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング