写真

「逃亡犯条例」改正案を巡り、香港国際空港の出発ゲート前に座り込むデモ隊=13日(ロイター=共同)

【香港共同】香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡り、香港国際空港の出発ゲート前で13日午後、千人以上の市民らが抗議の座り込みを再開した。乗客の通行が妨げられており、空港業務に支障が出ている。 12日夕方からの一時全面欠航を受け、13日も機材繰りなどで300便以上がキャンセルとなる見通し。座り込みで影響が広がる可能性がある。 市民らは警察によるデモ隊の強制排除に抗議している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング