【ワシントン、北京共同】米通商代表部(USTR)は13日、中国からの輸入品3千億ドル(約32兆円)に10%の追加関税を課す制裁「第4弾」に関し、一部品目の発動時期を当初予定していた9月1日から12月15日に延期すると発表した。 発動時期を延期するのはスマートフォンやノートパソコン、ゲーム機など。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング