【ワシントン共同】米政府高官は13日、ロシア北部アルハンゲリスク州の海軍実験場で起きた爆発事故について、放射性物質に関係するものだったとの見方を示す一方、核爆発が起きたかどうかはまだ断定できないと説明した。ロイター通信が伝えた。事故直後に周辺の放射線量が一時上昇したと伝えられたが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング