ネットのデマ信じ出頭拒む、埼玉 移動式速度取締装置、初の逮捕

共同通信 / 2019年8月21日 17時49分

埼玉県警は21日、道交法違反(速度超過)の疑いで同県上尾市、会社員小松弘幸容疑者(34)を逮捕した。県警によると、移動式自動速度違反取り締まり装置を使って逮捕につながった全国初のケース。小松容疑者は「上申書を出せば違反逃れができる」というインターネット上の虚偽情報を信じ、出頭要請を拒んでいた。 逮捕容疑は4月5日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング