【北京、ソウル共同】北朝鮮外務省は22日、報道官談話を発表し、米韓合同軍事演習は終わったものの、韓国による米国製の最新鋭ステルス戦闘機F35A導入や周辺地域での米軍増強が続いていると非難、「軍事的威嚇を伴う対話には関心がない」と強調した。朝鮮中央通信が伝えた。 「物理的抑止力」との表現で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング