写真

国連安全保障理事会の緊急会合で演説する、国連軍縮担当上級代表の中満泉事務次長=22日、米ニューヨークの国連本部(国連提供・共同)

【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は22日、米国が18日に中距離核戦力(INF)廃棄条約(2日失効)で禁じられたミサイルの発射実験に踏み切ったことを受け、公開の緊急会合を開いた。会合を要請したロシアや中国は条約を破棄した米国を批判する一方、米側は条約が規制していたミサイルを開発していたと中ロを非難。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング