中国の孔鉉佑駐日大使は23日、東京都内で開かれた共同通信加盟社論説研究会で講演し、来春に予定される習近平国家主席の国賓来日について、共同文書が作成できれば「重要な成果と位置付けられる」と述べ、日中の事務レベルで調整を行っていることを明らかにした。 日中間には、国交正常化を表明した日中共同声明(1972年)など四つの重要な政治文書があり、新たに交わされれば第5の文書となる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング