就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京)が就職活動中の学生の内定辞退率を予測したデータを企業に販売していた問題で、同社が学生に謝罪のメールを送信していたことが23日、分かった。 メールは同社の小林大三社長名で22日に送られた。一部の学生から適切な同意が得られていないまま、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング