【ワシントン共同】米国務省は11日、ポーランドへの最新鋭ステルス戦闘機F35計32機の売却を承認したと発表した。売却価格は約65億ドル(約7千億円)。ポーランドと国境を接し軍事力を増大させるロシアに対抗する狙いがあるとみられる。ロシアが売却に反発する可能性もある。 米国防総省傘下の国防安全保障協力局は声明で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング