逮捕の男「相手の方が危険運転」 東名高速、あおりエアガン

共同通信 / 2019年9月15日 16時24分

愛知県内の東名高速道路で乗用車が後続のワゴン車にあおられ、エアガンを発射された事件で、器物損壊容疑で逮捕されたワゴン車の運転手で無職佐藤竜彦容疑者(40)=兵庫県尼崎市=が「相手の方が危険運転をした」と供述していることが15日、捜査関係者への取材で分かった。 乗用車に乗っていた男性(23)=名古屋市中川区=は取材に「よく通る道を普通に走っていただけ」と話しており、愛知県警は当時の状況や経緯を調べている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング