【ハバナ共同】キューバ駐在の米国やカナダの外交官らが聴覚障害などの不調を相次いで訴えた問題で、蚊退治のための散布剤に含まれる神経毒が作用した可能性があることがカナダ政府の依頼による研究者らの調査で分かった。ロイター通信が19日、伝えた。 2016年後半から外交官や配偶者らが聴覚障害などを訴え、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング