ゴーン前会長初公判、4月で調整 東京地裁、来年中に数十回の予定

共同通信 / 2019年9月21日 6時0分

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)らが金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で起訴された事件で、東京地裁が来年4月21日に初公判を開く方向で調整していることが20日、関係者への取材で分かった。来年中に数十回の公判を開く予定。弁護側は無罪を主張している。 関係者によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング