男児の靴と延長コード同じ袋に 逮捕の義父、処分図ったか

共同通信 / 2019年9月21日 17時36分

さいたま市の集合住宅で小学4年進藤遼佑君(9)の遺体が見つかった殺人事件で、一家の居室内から、凶器とみられる延長コードと、遼佑君の靴が同じ袋に入って見つかったことが21日、捜査関係者への取材で分かった。埼玉県警は、死体遺棄容疑で逮捕した義父の無職進藤悠介容疑者(32)が、まとめて処分しようとした疑いもあるとみて調べる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング