JR東日本は23日、東京発新函館北斗・秋田行きの東北新幹線はやぶさ・こまち25号が22日、宮城県の白石蔵王―仙台間のトンネル内を走行中に感知した異常音は、落下したトンネル壁面の表示板にぶつかった音だったと発表した。別の新幹線通過時の風圧などで落下したとみられる。 JR東によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング