【ワシントン共同】トランプ米大統領は9日、10日から始まる米中閣僚級貿易協議で有利な取引を結ぶため、「厳しい姿勢で臨む」と記者団に述べた。米農産品の購入拡大で「暫定合意」を狙う中国をけん制し、産業補助金の見直しといった構造改革などで一段の歩み寄りを求めた。 ロイター通信は9日、中国側が貿易協議で大きな進展を見込んでいないとの認識を示したと報じた。米政権が中国監視カメラ大手などへの禁輸措置を決定したことを受け、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング