写真

参院予算委で答弁する安倍首相=15日午後

安倍晋三首相は15日の参院予算委員会で、日米両首脳が最終合意した貿易協定について「しっかりと守るべきものは守り、取るべきものは取ったと考えている」と述べ、日本側が一方的に譲歩したとの指摘を重ねて否定した。 茂木敏充外相も「パッケージ合意だ。個々の品目ではなく、農産品、工業品全体で合意する形で決まった。バランスの取れたウィンウィン(相互利益)の結果だ」と説明した。 国民民主党の矢田稚子氏への答弁。矢田氏は工業品の合意内容に関し「明らかに日本側が大幅に譲歩した」と批判。首相は「われわれはものづくりを重視している。令和の時代に入っても変わらない」と応じた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング