写真

宮城県丸森町廻倉地区の土砂崩れ現場で車を捜索する警察官=15日午後3時28分

大雨をもたらした台風19号により、宮城、福島各県などで15日午後も新たな犠牲者が判明、共同通信の集計で12都県の72人が死亡した。行方不明者も15人超とみられる。大規模な浸水被害があった宮城県丸森町では道路陥落により一部集落が孤立。これまでに5人の死亡が確認されているが、被害の全容はなお見通せない。 都県別の犠牲者数では福島県が最多の25人。うち6人がいわき市で亡くなった。次いで神奈川県14人、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング