写真

14日、国営イラン放送が公開したタンカーの写真。右舷の2カ所に穴が開いている(国営イラン放送提供・共同)

【テヘラン共同】サウジアラビア沖の紅海で11日、イランの石油タンカーが爆発を起こした事件で、イラン政府がイスラエルの関与を疑う見方を強めたことが16日、関係筋の話で分かった。事件当時の映像などを解析した初期段階の捜査に基づいており、さらに捜査を継続して実行者を特定する方針としている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング