写真

大阪府大東市の阪奈病院

大阪府大東市の阪奈病院は17日、この2年間、入院中の患者19人から多剤耐性アシネトバクターが検出されたと明らかにした。大阪府四條畷保健所によると、うち18人は既に死亡し、1人は感染と死亡との因果関係が否定できないという。 病院によると、結核患者が入院している本館5階と6階の計19人から菌が検出され、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング