写真

国立がん研究センター=東京都中央区

国立がん研究センターと国立成育医療研究センターは18日、対策の遅れが指摘される小児や15~39歳の思春期・若年(AYA)世代のがん患者のデータを集計したところ、20~39歳の患者の約8割を女性が占めていたとする調査結果を発表した。乳がんや子宮頸がんの増加が原因と考えられる。 両センターは「特に20歳からの子宮頸がん検診をしっかり受けてほしい。AYA世代では就職、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング