写真

17日、トルコの首都アンカラで握手するエルドアン大統領(右)とペンス米副大統領(ゲッティ=共同)

【イスタンブール、ワシントン共同】ペンス米副大統領は17日、トルコの首都アンカラでエルドアン大統領と会談後に記者会見し、シリア北部の停戦で合意したと明らかにした。トルコが5日間、侵攻作戦を停止する間に少数民族クルド人の民兵組織「人民防衛部隊(YPG)」を退避させることなどが柱で、トルコのチャブシオール外相も作戦停止を確認した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング