農林水産省は18日、台風19号による農林水産関係の被害が同日午前5時時点で382億8千万円まで拡大したと明らかにした。農作物や農業用施設の被害について、福島や栃木など34都府県からの報告を集計した。17日午前5時時点は30都府県で249億2千万円だった。未集計の地域もあり、被害額は今後さらに膨らむ見通し。 長野や福島では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング